建物の耐久性が向上し使用年数が長くなることや、日本各地の地震の発生予測をみると、これから建築される住宅が大地震に遭遇する確率は高くなると考えられています。
このようなリスクの中、大地震や連続地震からお住まいを守れるのが制震GVA工法です。

地震を熱に変換する大きなダイヤモンド型ユニット

壁を前面に使った大きなダイヤモンドユニットは、建物全体の振動を吸収する最適な形状です(特許)。
40坪の建物には8ユニット設置することで、建物のもろさをカバーして、粘り強い建物に変身させることができます。

gva01
建物骨組み どんなプランにも設置可能

一棟ごとに、最高の安心をご提供
・揺れを最大70%(※)に抑えます
・長く継続する強い揺れ、繰り返し発生する余震から建物を守ります
・大地震後の補修費用を大幅に軽減します

※GVA未設置のプランとの比較 : 個別物件での効果は、使用している構造材料やプラン、地盤状況、地震波の性質により変化します。

建物の耐震性能を高めるためには、建物の「エネルギー吸収能力」を大きく

『少し前まで、地震に対しては建物の「耐力」で抵抗しようという考え方が設計の基本でした。その後、建物の耐震性を高めるためには「耐力」だけでなく「変形(ねばり)」も大切にしようという事が認識され、「耐力」と「変形」を併せ持った「エネルギー」という量の重要性が定着してきました。建物の耐震性能を高めるためには、建物の「エネルギー吸収能力」をできるだけ大きくすれば良いのです。
制震装置GVAは、建物に入ってくる自身のエネルギーの一部を熱エネルギーに変換し、建物のエネルギー吸収能力を高める効果があります。』(東京理科大学 井口道雄名誉教授)

GVAをもっと詳しく見る